スポンサーリンク

【Illustrator基本操作】②オブジェクト (4)多角形を描く

Adobe Illustrator基本操作

六角形を描く

六角形を描くには、「多角形ツール」を使います。

1. 多角形ツールをクリックします。

2. マウスのカーソルを、斜め下か、斜め上にドラッグします。すると、六角形が描けます。

↑六角形が傾いていますが、ドラッグする方向によって、傾きが生じます(角度が変わります)。

[Shift]を押しながらドラッグすると、六角形は回転しません。また、正六角形になります。

このように描かれます

その他の多角形(三角形、五角形など)を描く

1. 長方形ツールをクリックし、多角形を描きたい場所でクリックします。

2. 数値を入れるダイアログボックスが現れます。

3. 好みの数値を入れて「OK」をクリックします。今回は三角形を描くので、辺の数のところに3と入れます。
※五角形なら5を辺の数のところに入れれば、五角形を作ることができます。

三角形ができました。

半径のサイズは中心からのサイズ

半径のところに20mmと入れましたが、これは三角形の中心から20mmという意味になります。
下図では、ピンクの線のところになります。

変形パネルで多角形を作る(他の多角形に変更する)

1. すでに作成した多角形(今回は三角形)を選択します。

2. 変形パネルの「多角形のプロパティ」の下にあるスライダを右に動かします。

多角形の角を丸める

多角形の角を丸める方法は二つあります。

角の◎を内側にドラッグする

角にある二重丸をクリックし、内側にドラッグします。
四角形の場合と同じ方法です。

内側にドラッグすると、角が丸まります。

変形パネルを使って角を丸める

変形パネルで数値を入れる(赤枠部分)と、角が丸まります。

タイトルとURLをコピーしました