スポンサーリンク

【Illustrator基本操作】②オブジェクト (3)円形を描く

Adobe Illustrator基本操作

以下の説明は、【Illustrator基本操作②】オブジェクト(四角形)を描くとほぼ同じです。といいますか、四角形を円形に置換しただけでしょ、と思われそうな内容となっております(;^_^A。

円形を描く

円形を描くには、「楕円形ツール」を使います。

1. 楕円形ツールをクリックします。

2. マウスのカーソルを、斜め下か、斜め上にドラッグします。すると、円形が描けます。

楕円形ツールのショートカット

楕円形ツールのショートカットキーは、「L」です(半角英数字モードのときのみ)。

数値を指定して円形を描く

1. 楕円形ツールをクリックし、円を描きたい場所でクリックします。

2. 数値を入れるダイアログボックスが現れます。

3. 好みの数値を入れて「OK」をクリックします。

円形が描かれます。

縦横比を固定(維持)しながら円形のサイズを変更する①

数値を入れるダイアログボックスの右側にある記号は、斜めの線が入っていますが、これは「縦横比を固定(維持)しない」という意味です。

この状態で、数値を入れると、幅と高さのサイズに好きな数値を入れて、円形のサイズを変更することができます。

縦横比を固定しながら、円形のサイズを変更するには、このマークをクリックします。

すると、マークがリンクのマークになります。
幅と高さの数値がリンクしているという意味になり、縦横比を固定してサイズ変更ができます。

幅の数値を100mmから150mmに変更すると、自動的に高さが75mmに変わります。

縦横比を固定(維持)しながら円形のサイズを変更する②

円形を選択し、[Shift]を押しながら、右下のアンカーポイントをクリック、右下方向へドラッグします。

縦横比が固定されたまま、拡大(あるいは縮小)できます。

正円を描く①

正円を描くには、楕円形ツールをクリックした後、[Shift]キーを押しながら、斜め下か、斜め上にドラッグします。

正円を描く②

楕円形のダイアログボックスに、幅と高さのところに同じ数値を指定すれば、正円が描けます。

中心から円形を描く

マウスでドラッグして楕円形を描くと、楕円形の端から描かれますが、[Alt]キーを押しながら、ドラッグすると、楕円形の中心から楕円形を描くことができます。

[Alt]キーと[Shift]キーを同時に押して、ドラッグすると、中心から正円を描くことができます。

タイトルとURLをコピーしました