スポンサーリンク

Amazonでスケジュール帳を販売してみた

Kindle電子書籍

ブログ投稿など、なかなか継続してできない自分。

ストックイラストは、とぎれながらもどうにか続けてきましたが、1か月も投稿しないときもあったり…。

年末に来年用のスケジュール帳を買っても、いつの間にか使わなくなっていたり…。
そのようなことは日常茶飯事でございました。

To doリストだけを書くスケジュール帳

そこでシンプルなTo doリストだけを書くスケジュール帳を買い、使ってみました。

こちらの手帳は、大きさもA5スリムでページ数も64ページと少なく、持ち運びに便利だったので、ほぼ毎日継続して使用することができました。

ただマンスリーのカレンダーがなかったのと、1日1ページではなく3日とか4日で1ページという感じで使っていたので、できればもう少し自分にあったスケジュール帳を使いたいと思うようになってきました。

希望するスケジュール帳の中身は、
・いつからでも始められる
・1年分なくてもよい(3ヶ月分ぐらい)
・マンスリーとデイリーがある
・曜日ごとに必ずやることを書きこめる
・ゴール設定とごほうびが書き込める欄がある

スケジュール帳を自作する

たまたまA5サイズのノートがあったので、それをスケジュール用にしました。

コクヨ ノート キャンパスノート 大人キャンパス ドット入り B罫 A5 50枚

マンスリーカレンダーは、ダイソーでカレンダーシールというのがあったので、それをノートに貼りました。これはとても便利です。

デイリーのページは、毎日、青ペンで罫線を引いて、一番上に今月の目標を書き、その下にTo doリスト、その下にその日の感想を書くようにしました。

めっちゃ手書き(^_^;;;

ごほうびについては、マンスリーのページに書こうと思ったのですが、何をごほうびにしたらいいのかわからず、今まで書いたことがありません(^_^;;;

続けたいことが続けられるようになった…気がする

この自作スケジュール帳にしてから、やりたいことがわりと(完ぺきではないですが)続くようになったのです!

そして、これまでやろうやろうと思って、全然進まなかったKindle電子書籍の出版という目的も果たすことができました。

そのKindle電子書籍出版の前に先駆けて、この自作スケジュール帳をペーパーバック版として出版したのであります。もちろん手書きのやつじゃないですよ!(つづく)

facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Kindle電子書籍Kindleペーパーバック出版blog
スポンサーリンク
dwhorieをフォローする
Design Works Horie
タイトルとURLをコピーしました